消費者金融:期間短縮と、返済額軽減の繰り上げ返済

繰り上げ返済について

消費者金融:期間短縮と、返済額軽減の繰り上げ返済



今使えるお金を繰り上げ返済に回すのは、利息が減るということはわかるけれど、それ以外のメリットはあるのでしょうか。繰り上げ返済には期間短縮型と、返済額軽減型があります。

期間短縮型とは、その名の通り、返済期間の短くする方法です。毎月の返済額は変更せず、返済期間を短くする方法です。そのため、本来短縮期間に支払予定の利息が軽減でき、利息軽減効果は大きいといえます。返済額の中の利息の比重が多い返済当初に行うと良いでしょう。

対して、返済額軽減型についてです。返済期間は変わらず、繰り上げ返済を行って毎月の返済額を軽減させる方法です。これは収入の減少や、支出の増加により、家計を維持できないと言った場合に利用すると良いでしょう。

繰り上げ返済は、早期に取り入れることで支払総額が随分軽減されます。余裕がある場合はなるべく繰り上げ返済に回し、将来に備えると良いですね。ただし、節約ばかりして繰り上げ返済にばかりお金をまわしてしまうと、自由に欲しいものが買えないというストレスにさらされてしまいます。

初めての消費者金融の方は不安かもしれませんが、心身共に健康的な返済方法で無理なく利用できると良いですね。

では、実際期間短縮型と返済額軽減型はどれほどの違いがあるのか比較してみましょう。前提として、同じ額の繰り上げ返済を行ったとしても、時期や金利、また返済期間によって利息軽減効果は変わります。また複数のローンなどを借りている場合、金利が高く返済期間が長いものは、より利息軽減効果を実感できます。

例えば借入金残高3000万、金利が3%、返済期間が30年、ボーナス払いなしの場合です。この条件の上、300万を繰り上げ返済するとします。期間短縮型の毎月の返済額は12万6481円に対し、返済額軽減型は12万1974円となり月々の支払差額が4507円です。

そして期間短縮型の返済期間は17か月短縮され、利息軽減額も約120万円の減額です。返済軽減型は、返済期間も変わりませんが利息軽減額が約46万です。この差は約74万となっています。

支払総額で考えれば、さほど変わらないと思える繰り上げ返済効果も、実は細かく見ていくことによってずいぶん差が出ることがわかります。だからといって期間短縮型がすべての債務者にとって有効なのかといえば、やはり支払いの面に関して苦しい状況も出る可能性もあり良いとは言い切れません。

ですが共通して言えるのは、利息という無駄なものを支払い、家計を苦しめるよりは繰り上げ返済をどんどん行っていくことが将来のためにも大事なのではないでしょうか。

キャッシング業者とヤミ金業者

皆さんはヤミ金という言葉をご存知ですか?甘い言葉でお金を貸し付け、厳しい取立てをするというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。この違法業者のヤミ金と、健全なキャッシング業者をどのように見分けたらいいのか、そのポイントを簡単にですが説明します。

まずは新聞やチラシなどの広告を見てみましょう。もしもそこに、利用者にとってお得すぎるキャッチコピーが付いていたら気をつけてください。美味しい話には裏があるものです。

「審査なし!」「どんな人でも借入れOK」「ブラックで弾かれた人も歓迎します」「2パーセント未満の低金利です」、等々…。普通では考えられない誘い文句です。中には「紹介屋とは違います」「悪徳業者に騙されないで」なんていう図々しいコピーまで。

キャッシングを行う貸金業者には、ぜったい広告に載せなくてはいけないという言葉があります。「貸金業者の商標」や「貸し金登録番号」、「携帯電話ではない電話番号」に「金利」、さらには「返済期間と回数、その方法」と「担保にまつわること」といった内容です。

これらのうちもし抜けているものがあればそれは違法業者となります。ヤミ金かどうかということを判断できる基準になるでしょう。

さて、他にもヤミ金を見抜く方法はあります。どうも胡散臭いんだけど、と思ったときには、登録業者なのかをチェックして下さい。財務局長、都道府県知事の登録をしているかどうか、といった意味の「登録」となります。

インターネットで金融庁のHPを確認し、そこでチェックしてみてください。「登録されてた!じゃあ大丈夫!」…とほっとするのは早いです。残念なことに登録業者にも違法なキャッシング会社は存在します。

次なるチェックポイントは、賃貸業登録番号をチェックです。「関東財務局長(1)第00000号」と書かれていたとしたら、チェックすべきはカッコ内の数になります。カッコ内の数字は営業している機関を示しているものです。

更新は三年ずつとなっていますので、カッコ内に1となっていれば営業年数は3年以下となりますし、2でしたら、営業年数は4年から6年以下となります。

ヤミ金のような違法業者は、登録番号を貰ったとしてもすぐにやめてしまいますので、数字が1の場合は大変怪しいです。数字が入っていない場合は、もうそれ以前の問題で、確実に違法業者となります。

ヤミ金業者の中には返済が遅れる前まではとても優しい対応の業者もあります。いわゆるソフトヤミ金です。ですがひとたび返済が遅れると、その姿は豹変し、モラルのない取立てが始まります。

もしも、暴力的な取り立て、21時から8時という時間帯に理由もなく取立てを行う、大声を出して恫喝する、利用者のプライバシーを張り紙などで暴露する、複数名で取り立てにやってくる、職場にまでやってきて利用者を困らせる、家族や知り合いにまで取立てを行う、などをされた場合は、警察か弁護士に相談して下さい。上記の行為は、法律で禁止されています。

クレジットカードを利用してキャッシングした経験は?

お財布に入れている現金が心許ない、そんな時にクレジットカードは大変役に立つツールです。カードを出してスマートに買い物する人も珍しくありません。ですがこのクレジットカードにキャッシング枠をつけることも可能なのです。

ではクレジットカードでキャッシングを行なっている人というのは、どの程度になるのでしょうか。

とある企画で20代以上の男女千人にアンケートを取った結果となります。その結果でわかったことは、クレジットカードを持っている6割の人が、クレジットカードは、本来の使い方しかしていない、ということでした。

つまりはキャッシングをクレジットではカードでは行っていない、というアンケート結果です。クレジットカードを利用できる店舗は年々増加しているというのに、キャッシング枠を利用していない人は案外多い、といった結果でしょうか。また、2割弱の人たちが、クレジットカードを持っていない、ということもわかりました。

確かに以前は、「クレジットカード破産」なんて言葉も頻繁に耳にしましたし、クレジットカードを持つ事で自制ができなくなるかも、という人は持たないようにしているのかもしれません。ですがクレジットカードというものはとても便利です。

後払いの引き落とし時までに現金が準備されていれば、買い物字に現金がなくても「信用」で商品を購入できますし、キャッシングをしなくても済みます。

一括支払いだけではなく、分割やポイントが有利に溜まるリボ払いなど、支払い方法も多彩なため、クレジットカードを使ってまでキャッシングする意味はそんなにないと考えている人が多いとも考えられます。

他にも、キャッシングするのであればクレジットカードではなく、消費者金融を利用するよ、といった人も少なくないようです。クレジットカードでキャッシングを活用した経験を持つ人は、アンケートを取った人数の25パーセントほどでした。

また、毎月キャッシング利用を行っているとなるとその中の2割程度にまで下がります。利用者の中だけで見た結果となると、少なくない人数なのかもしれません。クレジットカードでのキャッシングというものは興味のない人は全く興味がなく、普段から使っている人は上手に活用しているといった結果のようです。

このアンケートでは、男女別の使用率も調査していました。一般的にキャッシング利用者というのは男性の方が完全に多いと考えられていますが、クレジットカードでもキャッシング使用者の方も、女性よりも男性の方が多いという結果になっています。

女性にとってはキャッシングは敷居が高い、といったイメージがあるのかもしれません。そのようなイメージを払拭するために、最近ではレディースキャッシングを打ち出すキャッシング会社も増えています。

またクレジットカードも女性好みのデザインや、キャラクターとのコラボデザインなど、女性に手に取ってもらいやすいようなデザインを用意している会社が増えているようです。